杉並区高円寺にある、アットホームな歯科医院です。高円寺・中野・阿佐ヶ谷周辺にお住まいの方、よろしくお願いいたします。

診療時間
9:00〜13:00 / 14:30〜18:30
休診日
木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはお気軽に

03-6383-1963

歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病とは、細菌が原因で歯を支える骨が溶けてしまう病気です。 別名、歯槽膿漏とも言い、口臭の原因にもなります。

歯周病は日本人の8割がかかっているといわれており、歯を失う一番の原因となっているうえ、全身疾患にも関連のある病気です。

ところが、多くの人が患っている重大な病気であるにも関わらず、自覚症状がないため、知識や理解のない方が多いというのが現状です。

歯周病の進行

歯周病の進行

歯茎が腫れる、歯がぐらぐらすると言った症状を歯周病の症状とイメージされている方も多いかと思いますが、このような症状が現れるころには重度にまで歯周病が進行し、歯槽骨が大幅に溶かされてしまっています。
歯周病はギネスブックにも認定されている「世界で最も罹患者の多い病気」です。

歯周病の検査

プロービング検査

歯周病の検査では、レントゲンでの歯槽骨の状態の確認、歯周ポケットの測定、歯の動揺度を調べる検査などを行います。 その他、必要に応じて磨き残しの程度を調べる検査や、口腔内細菌の種類、バランスを調べる検査を行います。

歯周ポケットの測定は、プローブという専用の器具を歯と歯茎の隙間に入れて、その深さを測定します。健康な歯肉であれば1mm~2mm程度、深くても3mm程度で、4mm以上の歯周ポケットは歯周病と診断されます。

歯周病の治療

ブラッシング指導

患者さんとのブラッシング指導

歯周病を引き起こす根本的な原因は、磨き残し=プラーク(歯垢)です。どんなに歯周病治療に通っていただいていても、ご自宅でのブラッシングが不十分ですと、歯周病はすぐに再発してしまいます。 当院では、磨き残しの個所を染めだし記録し、どの程度どこに磨き残しがあるのかを患者さんにもわかりやすくご説明いたします。
歯ブラシの種類から磨き方、フロス、歯間ブラシの使い方など、患者さま一人一人に適したブラッシング方法をアドバイスいたします。

染め出し検査
正しい歯ブラシの仕方
フロスの使い方
フロスの使い方

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニング

専用の器具を用いて歯に着いた歯石を除去する処置になります。歯茎より上の部分についた歯石を「縁上歯石」歯茎の中に着いた歯石を「縁下歯石」と呼びます。 歯周病治療では、縁上歯石はもちろん、歯茎の中の縁下歯石の除去も行っていきます。縁下歯石は、歯周病を進行させる原因になります。

縁下歯石は歯茎の中にあるため見えづらく、硬いため、超音波スケーラーや専用の器具を使って丁寧に除去します。歯茎の中を触るため、痛みがある場合には局所麻酔を併用することもあります。歯石を除去した歯面は、凹凸のない状態に整え、歯石の再付着を防止します。

歯周病の初期治療

歯周外科

中程度~重度の歯周病で、スケーリング・ルートプレーニングだけでは十分に症状が改善しないときには、歯周外科治療を行うことがあります。 歯周外科治療では、フラップ手術や、必要に応じて歯肉移植や骨移植、歯周組織再生療法を行います。

フラップ手術(FOP)

メンテナンス

なにより歯周病の治療で大切な事は、定期的なメンテナンスを行うことです。

難しい事は何もありません。定期的に歯科医院で歯石除去や歯ブラシを行う事によって歯周病の進行はかなり防げます。逆に言うと、それが出来ていないと、他のどの治療をおこなっても効果は半減してしまうという事です。

頑張りましょう!

メンテナンス

歯周病が心疾患や糖尿病などの全身疾患の原因になるのをご存知ですか?

近年、歯周病と全身の病気の関連性について、様々な研究データが出ており、歯周病は歯科だけでなく全身疾患を扱う医科にとっても無視できない病気という認識になっています。 大きな手術の前には必ずプラークや歯石を除去することにより歯周病のコントロールを行うことが各病院でも徹底されています。

お口の中を清潔にし、歯周病の進行を抑える事が、全身の健康の向上につながるのです。

インフルエンザ
歯医者でインフルエンザ予防

平成27年2月15日 毎日新聞より

歯周病菌はインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする酵素(プロテアーゼやノイラミニダーゼ)を出します。また、歯周病菌由来の酵素は抗ウイルス薬で抑制できないため、口腔内を不潔にしておくとインフルエンザ感染を助長します。
特に免疫力の弱い高齢者は、インフルエンザが重症化する可能性があります。

心疾患
心疾患

心臓に酸素や栄養を送る冠動脈という血管が詰まり(閉塞や狭窄)、心臓に血液がうまく送れなくなる病気です。
心臓に血液が届かないと心臓の筋肉が死んでしまい、全身への血液供給も止まってしまいます。 命にかかわる危険な状態になる場合もある病気です。

名前がよく知られているものだと【心筋梗塞】や【狭心症】がここに含まれます。

「なぜ歯周病だと心疾患になるのか?」

実はこの詳しい経路はまだ分かっていませんが、歯周病菌が血流に乗って心臓や他の臓器に感染症を引き起こしているのではないかと考えられています。

糖尿病
糖尿病

糖尿病は、インスリン(血糖値を下げるホルモン)が十分に働かなず、血液中の糖分が増えて発症する病気です。

重度になると心筋梗塞や脳梗塞、視力の低下や失明の恐れがある恐ろしい病気です。

糖尿病は、歯周病によって悪化することが分かってきました。 これは歯周病が進行すると出血や炎症がひどくなり、血管内に炎症のシグナルが流れ、インスリンを働きにくくするためと言われています。逆に、血糖値の高い状態が長く続くと歯周組織に炎症を起こしやすくするだけではなく、歯周病の進行を早めることも知られおり、相互に悪影響があります。

さらに、歯周病を治療することで2型糖尿病(一般的な糖尿病)の症状が改善することも報告されています。

誤嚥性肺炎
肺炎

口から食道に入っていくべきものが、間違って気管に入ってしまうことを誤嚥(ごえん)といいます。

誤嚥性肺炎は、お口の中の物質が食道を通らずに、誤って気道へ入ってしまい、歯周病の原因菌が肺や気管支に感染して発症します。高齢者や寝たきりの方に多く見られます。

低体重時出産、早産
低体重時出産、早産

歯周病に罹患している部位から、毒素や炎症性物質が血液中に入り、胎盤を刺激すると胎児の成長に影響を与えたり、子宮の収縮を促すなどして低体重児出産や早産のリスクが高まることが明らかになっています。

高円寺PAL歯科医院へのアクセス

高円寺PAL歯科医院では、予約診療を行っております。

お電話でお問い合わせの上、ご来院ください

高円寺PAL歯科医院までの道のり

JR高円寺駅口から徒歩2分。「docomo」が1階に入っているビルの3階です。

駐輪場のご用意はございませんが、近隣の駐輪場をご案内しています。

住所

〒166-0003
 杉並区高円寺南4-25-4 RESTA高円寺3F

最寄駅

JR高円寺駅南口徒歩2分

電話番号
03-6383-1963
診療時間

9:30-13:00  /  14:30-18:30 ※最終受付は18時までです

休診日

・日・祝

診療時間

診療日・時間
 
午前 × ×
午後 × ×

午前   9:30~13:00
午後 14:30~18:30
※最終受付は18時まで

休診日

木曜日・日曜日・祝日

 ご予約・お問合せ
03-6383-1963

アクセス

住所

〒166-0003
 杉並区高円寺南4-25-4
RESTA高円寺3F

(JR高円寺駅 徒歩3分)

高円寺PAL歯科医院までの道のり
03-6383-1963