JR高円寺駅南口から徒歩2分、雨に濡れずに通える歯科医院です。高円寺・中野・阿佐ヶ谷周辺にお住まいの方で、ご自身の歯でずっとお食事をされたい方は、当院にご相談ください。

高円寺PAL歯科医院ロゴバナー
診療時間
9:00〜13:00 / 14:30〜18:30
休診日
木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはお気軽に

03-6383-1963

営業電話は診療の妨げになるため、厳重にお断りします

こんにちは、高円寺PAL歯科医院の新井です。
おやしらずの抜歯をご提案すると、殺人鬼を見るような目で私を見る患者さんがいます。

世間的にも、
「おやしらずの抜歯=痛い・腫れる・この世の地獄」
というイメージが刷り込まれているのかもしれませんが、生えている場所や歯の状態によってさまざまで、必ずしも大きな苦痛を伴うものではありません。
抜歯後に長期間お痛みが出たり、経過観察が必要な難しいおやしらずの抜歯ならまだしも、簡単なおやしらずの抜歯を避けてしまったがために、他の歯に悪影響を与えてしまったもったいない例も多々見てきました。

ここでは、比較的簡単なおやしらずの抜歯の例を中心にご紹介します。
このようなおやしらず、あなたはありませんか?

Case.13

おやしらずの抜歯13-1

今回は、歯並びから外れてしまった、親知らずの抜歯のケースです。

元々は、以前に他院で抜歯した手前の歯の部分をブリッジにして欲しいというご相談でした。
 

ブリッジの欠点は歯を大きく削る他に、歯を連結するために清掃性(歯の周りをきれいにしやすさ)が劣る点があります。
歯の周りが汚れれば、細菌がたまり、歯の寿命も短くなる原因になります。

 

少しでも清掃性を高めるためには、奥に生えているおやしらずはない方が良い事が多いです。今回も、手前の歯の歯並び(青い線)に比べて
外側にずれて生えていますので、あえて残しておくメリットはないかと思います。

おやしらずの抜歯13-2

レントゲン写真上からだけでは、歯並びについては問題なさそうに見えます。

おやしらずの抜歯13-3

特に問題なく抜歯する事ができましたが、想像よりも歯の根っこが太くしっかりしていて驚きました。。。

こちらのブログを最後まで読んでいただいた、歯の治療に関心の高いあなたのご来院、お待ちしています。

今後ともよろしくお願いします。

Case.12

おやしらずの抜歯12-1

今回は、虫歯になったおやしらずを長期間放置してしまった、患者さんのケースです。

歯の頭が無くなってしまっているうえに、歯の中身も虫歯が進行してしまっています。

この状態は歯がとてももろくなってしまっていますので、とても抜きづらくなっている可能性が高いです。


抜きづらい=抜歯に時間がかかる=抜歯後に痛みや腫れが出る可能性が上がる
とイメージしてください。

おやしらずの抜歯12-2

レントゲン写真で確認すると、歯の根はしっかりしていて、骨との境もわかりづらいです。

嫌な予感しかしません。。。

おやしらずの抜歯12-3

歯を傷つけないように、時間をかけてまわりから少しずつ力をかけて、何とか抜歯しました。

かなり抜歯には時間がかかってしまいましたので、この後、しばらく痛むかもしれません。

いつものお話になりますが、皆さんもこのような状況になる前に、早めの歯科受診をお願いします。

こちらのブログを最後まで読んでいただいた、歯の治療に関心の高いあなたのご来院、お待ちしています。

今後ともよろしくお願いします。

Case.11

おやしらずの抜歯11-1

今回は、おやしらずを早期に抜歯しなかった事が原因で、手前の歯が虫歯になってしまった、患者さんのケースです。

 

歯と歯の間に物がつまって、虫歯になってしまったと思われ、おやしらずがなければ、虫歯になっていなかった可能性が高いです。
ここまで紹介したおやしらずの症例も、抜かずに放置していたらこのようになっていた可能性があります。

おやしらずの抜歯11-2

写真でも遠くにしか見えない、歯ブラシも満足に届かない部分です。
自己管理や定期メンテナンスで虫歯を防ぐのは難しいです。

 

おやしらずがある場合は抜いた方が良い事がほとんどです。

おやしらずの抜歯11-3
おやしらずの抜歯11-4

ハンディカメラの映像です。
先に手前の虫歯を治療します。
神経が見えてしまいそうなほど、深い虫歯でした。

虫歯除去後、お薬をつめて経過観察をします。

おやしらずの抜歯11-5

その後、おやしらずを抜歯しました。

おやしらずも虫歯が進行中で危なかったです。

痛みが出る前に抜歯ができたのは幸いでした。

 

こちらのブログを最後まで読んでいただいた、歯の治療に関心の高いあなたのご来院、お待ちしています。
 

今後ともよろしくお願いします。

Case.10

おやしらずの抜歯10-1

今回は、「おやしらずが痛むので当日抜いてほしい」という主訴で来院された患者さんです。

 

おやしらずに限らずですが、初めての来院当日での抜歯はお約束できません。
それは、その歯がどのような状態なのかは、来院されて、検査をしてみないとわからないためです。

もしかしたら、抜歯が必要ない歯なのかもしれません。

 

また、痛む歯の当日の抜歯は禁忌(避けるべき事)です。

それは、歯が痛んでいる時は炎症が大きい時なので、麻酔がことさらに痛い、麻酔が効きづらい、抜歯後に炎症が拡大してさらに痛む事があるなどです。

痛みのある歯をいきなり抜歯するのは、興奮して暴れている人にいきなり飛びかかるようなものです。まずは、少しでもなだめる必要がありますよね。

抜歯の場合は、まずお薬で痛みを少しでも抑えて、次回抜歯というのがセオリーです。

 

抜歯するのが億劫で、先延ばしにする方がいますが、結局つらい目にあう事になります。
抜歯は計画的にしましょう。

 

今回の方は、上記の事をご説明の上、了承の上で来院されました。

おやしらずの抜歯10-2

今回のケースでは、おやしらずがお痛みの原因になってるかは何とも言えない状態でした。

 

他に原因となる歯も見当たらない、また、歯列からずれて生えているため抜歯をした方が良いケースでしたので、今回の痛みの原因かははっきりしないが、お薬を飲んでいただき後日抜歯して経過観察という事になりました。

おやしらずの抜歯10-3

抜歯後の歯です。
当日はお痛みもなく、問題なく抜歯が終われました。

今後、他の歯の治療をしながら、経過観察予定です。

 

こちらのブログを最後まで読んでいただいた、歯の治療に関心の高いあなたのご来院、お待ちしています。

 

今後ともよろしくお願いします。

Case.9

おやしらずの抜歯9-1

今回は、歯並びから逸れて生えてしまっている上のおやしらずの例です。
 

現状、大きな虫歯になっているというわけれはありませんが、手前の歯に比べておやしらずが外側に向いてしまっていて、歯ブラシの支障になっているのが確認できます。
また、手前の歯とのすきまに物がつまりやすいという訴えもありましたので、トラブルの原因になる前に抜歯をすることになりました。

おやしらずの抜歯9-2

レントゲン上でも、特に抜歯するのに問題はなさそうですね。

おやしらずの抜歯9-3

という事で、簡単に抜歯する事ができました。

 

しばらくは歯を抜いた部分に物がつまったりしますが、徐々に歯肉が埋まって歯ブラシがしやすくなるのが実感できるかと思います。

 

こちらのブログを最後まで読んでいただいた、歯の治療に関心の高いあなたのご来院、お待ちしています。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

Case.8

おやしらずの抜歯8-1

今回は、歯肉の違和感を主訴に来院された方です。
 

下のおやしらずの頭が虫歯で崩壊してしまっています。
残った歯の頭が少しだけ歯肉に出ている状態でした。

おやしらずの抜歯8-2

レントゲン写真で確認すると、かなり歯の奥まで進行していると思われます。

こうなると、歯を抜くために力をかけると歯が割れてしまい根っこだけ骨の中に残ってしまうなど、難しい抜歯になってしまう事も想定されます。

おやしらずの抜歯8-3

今回は幸運にも歯が素直に動いてくれましたので、ほぼ歯の原形を残したまま抜歯する事が出来ました。

こうなる前に、相談に来るようにしてくださいね。

こちらのブログを最後まで読んでいただいた、歯の治療に関心の高いあなたのご来院、お待ちしています。

今後ともよろしくお願いします。

Case.7

おやしらずの抜歯7-1

こちらも、他の歯の治療で来院された患者さんです。

上のおやしらずに虫歯が見つかりました。
他の歯の治療がひと段落したところで、抜歯となりました。

 

おやしらずの抜歯7-2

いつものように簡単な抜歯で終わりましたが、もう少し虫歯が進行してしまっていたら、思わぬ難抜歯になってしまったかもしれません。
早めに抜歯を受けていただいて良かったと思います。

こちらのブログを最後まで読んでいただいた、歯の治療に関心の高いあなたのご来院、お待ちしています。

今後ともよろしくお願いします。

Case.6

おやしらずの抜歯6-1

他の歯の治療目的で来院された患者さんです。

検診すると、下顎の歯肉の中に半分埋まっている親知らずが見つかりました。
このようなおやしらずは、隣の歯の虫歯や歯周病の原因になるため、抜歯した方が良いです。

 

おやしらずの抜歯6-2

レントゲン写真で確認します。
下の歯のおやしらずの抜歯は上の歯のおやしらずの抜歯よりも難しい事が多いですが、写真のようにまっすぐ生えている場合は、上の歯のおやしらず同様、それほど苦労なく抜けることが多いです。

この写真の歯はまっすぐ生えていますが、歯の根っこの境界がわかりません。もしかすると、歯と骨がくっついてしまっているのかもしれません。

おやしらずの抜歯6-3

患者さんも、時々不快感を感じていたそうで、日にちを決めて抜歯となりました。
レントゲンから予想されたように、一部、歯の根っこと骨がくっついていましたので、多少抜歯に苦労しましたが、10分程度で抜歯する事ができました。
少し、虫歯にもなりかけてますね、悪さをする前に早めに抜歯が出来てよかったかと思います。

 

こちらのブログを最後まで読んでいただいた、歯の治療に関心の高いあなたのご来院、お待ちしています。

今後ともよろしくお願いします。

Case.5

おやしらずの抜歯5-1

こちらは上の奥歯が痛むという訴えで来院された患者さんです。

おやしらずが明らかに大きな虫歯になっています。
こちらももちろん抜歯が必要ですが、お痛みのある状態での抜歯は、炎症が拡大しより症状が大きくなってしまうリスクがるため、避ける必要があります。

この場はお薬を飲んでもらい、後日、改めて抜歯となりました。

おやしらずの抜歯5-2

こちらも5分程度で抜けました。
が、ここまで虫歯が大きくなってしまいますと、抜歯の最中に歯の頭が砕けて根っこだけが歯ぐきの中に残ってしまい、思わぬ難抜歯になってしまう事があります。
難抜歯で処置の時間が長引けば、抜歯後の痛みや晴れのリスクも上がります。
今回は、すぐに抜けてラッキーだったといえるかもしれません。

皆さんも、お口の中で気になる部分があれば、早めの歯科受診をお願いします。

こちらのブログを最後まで読んでいただいた、歯の治療に関心の高いあなたのご来院、お待ちしています。

今後ともよろしくお願いします。

Case.4

おやしらずの抜歯4-1

こちらは、上のおやしらずの治療した部分が虫歯になっている方です。

下の歯とも噛んでいませんので、もはや、治療で残しておく理由が見当たりません。

おやしらずの抜歯4-2

抜歯後の歯の状態です。

こちらも抜歯は5分程度で終わりました。
おそらく虫歯の治療をした方が、時間がかかったでしょう。

前回の虫歯の治療時に抜いてしまった方が良かった気もしますが、いろいろ事情もあったのかもですね(^^;)

 

こちらのブログを最後まで読んでいただいた、歯の治療に関心の高いあなたのご来院、お待ちしています。

今後ともよろしくお願いします。

Case.3

おやしらずの抜歯3-1

こちらも、同じく上のおやしらずの抜歯をおすすめした患者さんです。

レントゲン写真だけ見ると、歯並びも問題なく、虫歯もありませんので、無理して抜かなくてもいいような気もします。

おやしらずの抜歯3-2

こちらがお口の中の写真です。

めいっぱいお口を開けてもらっても、写真撮影が困難なほど、歯並びの奥に生えています。
これでは歯ブラシが上手くできませんので、将来的に虫歯の原因になってしまいます。
手前の歯の虫歯のリスクも上がってしまいますので、抜歯をおすすめしました。

 

おやしらずの抜歯3-3

抜歯は5分程度で終わりました。
抜いた歯を確認すると、表面が少し虫歯になり始めてますね。

この患者さんは下のおやしらずは難しい生え方をしていて、1時間ほどかかって抜歯されたされたらしくあまりの違いに驚かれていました。

このように同じおやしらずの抜歯でも、難易度はケースによって全く違う事をご理解いただければと思います。


こちらのブログを最後まで読んでいただいた、歯の治療に関心の高いあなたのご来院、お待ちしています。

今後ともよろしくお願いします。

Case.2

おやしらずの抜歯2-1

こちらも、上のおやしらずの抜歯をおすすめした患者さんです。

歯はない方に動いていきます。このおやしらずは下のおやしらずがないためにどんどん下に伸びてしまっています。

場合によっては下の歯ぐきを噛んでしまうぐらいまで伸びてしまう方もいますし、下の奥歯に干渉して不定愁訴(よくわからない痛みや違和感)の原因になってしまう場合もありますので、抜いた方がよいおやしらずです。

おやしらずの抜歯2-2

こちらも、抜歯に要した時間は3分程度です。
患者さんはさっぱりした顔で帰られました(^^)

こちらのブログを最後まで読んでいただいた、歯の治療に関心の高いあなたのご来院、お待ちしています。

今後ともよろしくお願いします。

 

Case.1

おやしらずの抜歯1-1

上のおやしらずの抜歯をおすすめした患者さんです。

通常、上のおやしらずは虫歯になった際に抜歯をすすめられる事が多いですが、この方もそんな状態のおやしらずでした。

おやしらずの抜歯1-2

写真ですとわかりづらいですが、歯並びの列から外れてほっぺた側に向けて生えて、常に頬が歯にかぶっている状態です。
さらに、手前の歯との間に頻繁に物が詰まることもあるそうです。
そのままにしていると、手前の歯にも悪影響を及ぼしてしまいます。

おやしらずの抜歯1-3

レントゲン写真では、まだ虫歯は大きくなさそうです。
痛みがでたり、歯が大きくかけたりすると抜歯も困難になってしまう事があるため、早めに抜歯する方が楽ですね。

少し歯列からはずれていますが、歯がまっすぐ生えているので、抜くのは簡単な事が多いです。

おやしらずの抜歯1-4

抜歯後の歯の写真です。

抜歯に要した時間は3分でした。
今回は簡単な抜歯で終わりましたが、虫歯が大きく進行してしまったら、思わぬ大変な抜歯になってしまう事があります。

おやしらずの抜歯も色々です。
おやしらずの抜歯を薦められた際は、ただただイメージから耳をふさいで怖がるのではなく、よく説明を受けてくださいね。

こちらのブログを最後まで読んでいただいた、歯の治療に関心の高いあなたのご来院、お待ちしています。

今後ともよろしくお願いします。

ご予約はこちら

高円寺PAL歯科医院の電話予約
03-6383-1963

営業電話は診療の妨げになるため、
厳重にお断りします

診療時間

診療日・時間
 
午前 × ×
午後 × ×

午前   9:30~13:00
午後 14:30~18:30
※最終受付は18時まで

休診日

木曜日・日曜日・祝日

 ご予約・お問合せ
03-6383-1963

営業電話は診療の妨げになるため、
厳重にお断りします

アクセス

住所

〒166-0003
 杉並区高円寺南4-25-4
RESTA高円寺3F

(JR高円寺駅 徒歩3分)

高円寺PAL歯科医院までの道のり
03-6383-1963

営業電話は診療の妨げになるため、
厳重にお断りします